中国マネーに沸くタジキスタン 中央アジアの最貧国に迫る「債務のわな」のリスク

中国は助けに来てくれたとタジキスタンは歓喜しています。 突然、高層ビルが建ち並び、鉄道が開通。 急速に近代化が進んだかに見える。 そこには「債務のわな」 90年間賃貸契約。 これはもう中国に併合されたということです。 中国では「いずれ手に入れる国は助けておく」というそうです。 地下資源(金鉱山)は奪われ、商売は漢族が持って行く。 タジキスタンの民はほんの少しの…

続きを読む

台湾上空に中国軍機25機飛来

台湾上空防空識別圏に中国軍機25機飛来。 防空識別圏 とは、各国が防空上の必要性から領空とは別に設定した空域のことだそうです。 それにしても12日1日で25機飛来とは、恐ろしい威嚇。 国防部の発表によると、中国軍の戦闘機「殲16」14機、「殲10」4機、対潜哨戒機「運8」2機など合計25機が侵入した。台湾メディアなどによると、中国軍機は12日の早朝6時台に台湾のADIZに入ったのを…

続きを読む

中国は世界を支配する

「ウイグル族を絶つ」 中国新疆ウイグル自治区はジェノサイド。 強制収容所に入れられて、足枷をつけて教化管理。 女性には不妊手術を強要。 何の実験やってるんだか、謎の薬物投与など、なんだか地獄のような地区になっていますね。 ウイグル地区は地下資源があるらしくて、ここは中国の確信的利益だそうです。 ウイグル人というぐらいですから、中国漢族とは違うとおもいますけど。 経済で中…

続きを読む

中・韓の嘘

 加藤勝信 官房長官が23日に中国・新疆ウイグル自治区の人権状況について“深刻な憂慮”を表明したことと関連して、中国は日本の行動に『意外』という表現を使用しつつ、南京大虐殺と日本軍従軍慰安婦など“天罰”を受ける行いをした行動をもう忘れたのかと反論した。 しかし、南京大虐殺というのは中国のでっち上げ。大嘘! 記念館に展示されている写真もどっかから引っ張ってきてでっち上げた写真というのが真相…

続きを読む

世界は常に戦時中

日本以外はね。 日本は危機意識に乏しいようです。 2019年9月18日、中国武漢の空港で緊急訓練が行われている。 「コロナウイルスの感染が一例検出された」という想定で緊急訓練(湖北省の管制メディア) 実際に武漢では新型コロナウイルスが出ていたのを中国は隠ぺいした。 習近平さんの50日近い隠蔽工作により、各国のウイルス対策は後手に回りパンデミックになった。 世界一ワクチンを…

続きを読む

キムチ論争

中国と韓国がキムチ論争やってます。 どっちでもいいんですけどね。 中国のキムチを作る現場がとんでもなく汚い映像がありました。 そのうち削除されるでしょうけど。 塩水の中で裸で作業する男。 錆びたショベルカーで白菜を引き上げる。 その塩水はどうみても泥水。 一時、韓国産キムチから大腸菌ウヨウヨで米国が輸入禁止にしていました。 ついでに言いますと、韓国海苔にも大腸菌。 韓国…

続きを読む

中国のダム建設

長江で10年間の禁漁措置。 漁業資源の保護を理由としてますが、ダム建設が原因? 年々漁獲量が減少しているからといいますが極端ですね。 流域で働く漁民30万人が失業するらしい。 長江と言えば全長約6300キロ。 多数のダム建設と乱獲、水質汚染ですね。 漁師の多くはこの仕事しか知らないとか字も読めない人も多いらしい。 住む場所も決められ、戸籍も農村戸籍とか都会戸籍とか自由になら…

続きを読む

ロシアで攻撃ドローン「kamikaze dorone」開発

ロシアの軍事企業のZALA AeroがUAE(アラブ首長国連邦)のアブダビで2021年2月に開催されていた国際防衛展示会(International Defence Exhibition and Conference :IDEX 2021)で開発中の「神風ドローン」を公開した。攻撃ドローンは「kamikaze drone(神風ドローン)」、「Suicide drone(自爆型ドローン)」、「ka…

続きを読む

それでも菅政権

菅内閣が揺れています。 家族に足を引っ張られるのは安倍首相と似たようなものね。 それでも、菅政権を支持します。 この新型コロナで大変な時に尖閣諸島は連日ヤバイ。 ミャンマーもヤバイ。 台湾上空もヤバイ。 この機に乗じて中国、韓国、ロシアがヤバイ。 国内で自民党を攻撃している場合ではないでしょう。 蓮舫さんも辻元さんも存在感アピール半端ない。 自民党を攻撃あるのみ…

続きを読む

中・露の研究所

化学兵器、生物兵器、毒素兵器の3つの研究所があると言われています。 中国の場合、4年間、そこを卒業すれば学士号。 その後は人民解放軍で化学部隊に所属し、生物兵器、化学兵器を教える。 中・露・北朝鮮も気に入らなれば暗殺。 いつの時代? 今 現実に起きていること。 新型コロナウイルスはたまたま漏れてしまったために中国で最初に感染者が出てしまった。 通信網がグローバル…

続きを読む

尖閣諸島は竹島の二の舞になるかも

 日本漁船「排除」の意図明白。 海警法施行から3週間、相変わらず、日本漁船は追尾されています。 尖閣諸島海域から日本漁船を追い出すために彼らは武器を使用するかもしれません。 武器を持たない海保の船ではやられっぱなし。 韓国に竹島を不法占拠されたときにようになりかねない。 中国はそれが狙いでしょうね。 日本は犠牲者がでないと法の改正もできない。 独立国としてこれって変じゃない…

続きを読む

尖閣諸島があぶない!

武器を搭載しているとみられる中国の船2隻が尖閣諸島沖侵入。 漁船を執拗に追尾。 別の2隻も領海に侵入。 中国の意図は漁船が近づかないようにすることにあるようです。 海保の方々は恐ろしいでしょうね。 砲撃をいつ受けるかわからないわけです。 日本漁船が近づかないように威嚇することで、中国が実効支配しているという国際社会へのアピール? 日本漁船が出漁しなくなったらもうお手…

続きを読む

WHOの武漢ツアー

新型コロナの起源調査で中国入りしているWHOの調査団は、発生源は不明と。 中国のペースで "武漢ツアー” 行って何が見つかるか期待しましたか? 調査団は、中国の医療・軍関係者のコロナ対策を宣伝する展示施設を連れ回されて、徹底調査というにはほど遠い。 そんなもん、怪しい所は見せるわけないじゃないですか。 分かっていて行かれたのでしょうか? 「中国じゃないよ」とお墨付きを差し上…

続きを読む

尖閣に測候所を

中国海警局の任務や権限を明示した「中華人民共和国海警法」(以下「海警法」)が可決され、2021年2月1日から施行されることとなった。 この法律によって、海警局巡視船に、外国船取り締まりに際しての武器使用権限が付与される。 中国海警局巡視船や中国海軍艦艇がこれまでも多用してきた「体当たり戦法」を外国の軍艦や巡視船に敢行する、と宣言していると読み取れるそうです。  艦艇構造の専門家…

続きを読む

中国の脅威

中国船が海砂を大量に採取。 中国船200隻が台湾の離島集結、海底の砂吸い上げる…砂浜みるみる消失。 沖縄県尖閣諸島周辺や南シナ海などへも民間船を送り込んで関係国を圧迫。 中国は自国沿岸部は環境破壊の恐れがあるとして海砂採取は規制されている。 台湾周辺では取り締まりの巡視艇に体当たりで破損させる事件も。 日本でも民主党政権のときありましたね。 日本は恐れおののいて、海保がせ…

続きを読む

露、攻撃ドローン導入本腰

強いロシアに国民は満足? ステルス機能を備えた攻撃用のドローンを導入する。 無人機で攻撃するということは、ゲーム感覚で他国を攻撃できるということです。 痛みも感じない? プーチンさんの大邸宅は1400億円の宮殿だそうです!!! KGB時代から手腕を発揮したとはいえ、一代でこれほどの資産を蓄えることができるなんて流石。 民主主義国家ではあり得ません。 反政権運動と…

続きを読む

「同化政策」激烈推進の中国

 内モンゴル自治区で、小学1年生と中学1年生の国語の授業が従来のモンゴル語から中国語に変わったのは、今年9月の新学期からだった。始業前の8月26日にいきなり通知された。来年以降は段階的に別の教科でも中国語に切り替えられる。これに地元住人が反発。抗議デモや授業をボイコットしたところ、その参加者や保護者が相次いで逮捕される事態になっている。  習近平国家主席の唱える「中華民族の偉大な復興」のス…

続きを読む

中国の思惑

中国が連日尖閣諸島周辺を徘徊、領海侵入をするわけは兵法による「満天過海」ということのようです。 日常的な行動の中に真の行動や意図を隠し、得たい結果を得る手法。 中国漁民は鋼鉄の船で大挙してやってくる。 その漁船保護の名目で海警の戦艦もやってくる。 いつでも尖閣諸島に上陸することは可能だといいます。 韓国が竹島を実効支配するに至った経緯を中国は熟知している。 中国は銃撃しな…

続きを読む

新型コロナ感染爆発

感染者は一日に3000人超え? どうなってるの・・・ 発生源と思われる中国ではいち早く終息しているらしいのに。 世界で7000万人。 日本はまだましな方で17万人。 それでも医療崩壊の危機。 中国は強いわね。 一帯一路で借金漬けにして容易く支配地域を拡大。 コロナ後の世界地図が変わっていそう。 関西でも今朝は冷え込みました。 昨夜は曇っていて双子座流星群は見ら…

続きを読む

中国の侵略が日本にも

「四つの原則的共通認識」に従って日本は沖縄・尖閣諸島を放棄せよとせまった。 日中が合意した4つの政治文書 1972年の「日中共同声明」、78年の「日中平和友好条約」、98年の「日中共同宣言」、2008年の「日中共同声明」を指す。  日本で暴言をつづけた王さんは事実上、「これらの政治文書に従って、日本は尖閣諸島の主権を放棄せよ」と主張したようなのだ 中国側としては、「ポツダム宣言第…

続きを読む

中国のオーストラリア叩きが凄い

中国官営の英字新聞Global Timesによりますと、「オーストラリアが今月1日、米国と極超音速巡航ミサイルの開発に入ったと明らかにした」として「オーストラリアが米国の影響力下で攻撃型武器を開発・配備すれば中国に脅威になりかねない」と主張。 極超音速武器はマッハ5以上の速度で飛行して予測不可能な軌道に移動することから、現存するミサイル防衛システムでは防ぐことが難しい。 中国国防テレビ論…

続きを読む

中国のヤバイ法律

 中国の「海警法案」がヤバイ。 「国家主権が外国の組織や個人に侵害される危険があれば武器使用を含めた一切の必要措置をとれる」 ということは、中国の勝手に主張する海域は超危険ということです。 尖閣諸島周辺では中国海警の艦船は連日領海侵犯を繰り返していますが、中国の主張では「通常の巡回だ」と。 先日も日本漁船は海警の艦船に追尾されて恐ろしい思いをしている。 これに中国は日本漁船…

続きを読む

習近平が激賞した中国企業

「技術や製品の自主開発力に優れ、絶えず技術を向上させ、国際協力を高めている」などと激賞していた。  日本メディアが14日、大阪府警による元社員の送検の事実を報道すると、中国側は積水化学の技術を盗用したことについて報道管制を敷いたという。この中国企業は通信機器部品メーカー「潮州三環グループ」。昨年の中国電子部品業界100強ランキングで9位と毎年上位に入り、研究開発者は2000人以上を擁し、独…

続きを読む

新型コロナ

新型コロナの終息は見えません。 新聞によりますと、最多は米国。 日本は10万人に届きそう。 発生源とみられる中国では8万5千人ほど。 人口比で言うととんでもなく少ない。 お隣韓国でも2万5千人ほど。 日本は衛生状態の良いはずなんですけどね。 冬から始まって、酷暑でもおさまる兆しはなく秋。 間もなく厳しい冬です。 スーパーもお店も窓や扉は解放状態になると思われ、寒いで…

続きを読む

日本学術会議見直しすべき

日本学術会議の改選に伴い、6名の任命除外は「重大な事態」とは何とまあ国民感情から外れていることよ。 皆様いったい何様? 日本学術会議の言いなりにならない政府は「戦争に突っ走る危険な政権」みたいなレッテル貼りたいらしい。 左翼思想に洗脳しようとする方が余程危険です。 北朝鮮は最強で最新の武器を完成させて、日本を睥睨。 中国は尖閣諸島周辺で領海侵犯をし、漁船に接近をし威嚇。…

続きを読む

この記事拡散していいですね

 岡山県は26日、大黒天物産(岡山県倉敷市堀南)が中国から輸入したスイートコーンから微生物が検出され、自主回収を始めたと発表した。  県によると商品名は「スイートコーンカット」で、賞味期限が2021年8月7日の商品が回収対象。今月7日に大阪検疫所で実施された抜き取り検査で判明した。全国22府県で計4124パックが販売されているという。食べた場合、健康被害のおそれがあり、注意を呼びかけている…

続きを読む

憲法改正

「9条さえあれば・・・ 世界の国々は皆平和を望んでいる。 もう、軍事力なんて必要ない。 日本が軍事力を放棄して周辺諸国と和解できれば恒久的平和が実現する。 だから、自衛隊は廃止。 日米同盟は破棄すべき」 というのが反日勢力。 安倍政権で憲法改正できませんでした。 とても残念です。 軍事力を持つことは戦争に巻き込まれないための抑止力です。 日本は毅然と憲法改正をすべ…

続きを読む

中国人の食文化

野生動物を食べるのは究極の贅沢だそうです。  新鮮さの他に、食材の珍しさにも、中国人の食に対するこだわりが表れる。 2003年、SARS(重症急性呼吸器症候群)は、広東省の生鮮市場から広まったとされている。その後の研究で、ウイルスを持ったコウモリを食したハクビシンが感染源とも言われている。 コロナ騒動でも野生動物を食べる食文化は譲れないらしい。 武漢の市場には生きたままの野生…

続きを読む

中国発ウイルスの恐怖

ネズミが媒介する「ハンタウイルス」で死者がでているそうです。 中国発の新たなウイルスの恐怖です。 発症後3時間で死亡。 旧日本軍や朝鮮戦争の米兵も苦しめられ…とあります。 ハンタウイルス感染症そのものは新しいウイルスではないそうで、世界保健機関(WHO)によると、中国と韓国ではセスジネズミとドブネズミが宿主として混在し、ハンタウイルス感染者数は中国で年4万人、韓国で年数百人報…

続きを読む

ヒューストンの中国総領事館閉鎖

高麗(コリョ)大学のキム・ソンハン国際大学院長は「中国はこれまでハッキングやフェイク情報を活用した世論戦などを通じて戦争でも平和でもない状態を維持し、米国と競争するグレーゾーン戦略を駆使してきた。米国がこうした中国の長期にわたる戦略的慣行に釘を刺そうとする最初の措置を取ったとみる余地がある」と分析した。 ヒューストンの中国総領事館は閉鎖を通告されてすぐに機密文書を処分する作業に出たとみられ…

続きを読む