軍艦島元島民ら国連で史実発信へ

 戦時中の徴用をめぐり、朝鮮半島出身者が長崎市の端島(はしま)炭坑(通称・軍艦島)で差別的な扱いを受けたと韓国側が主張している問題で、端島の元島民らが来月2日、ジュネーブの国連欧州本部でシンポジウムを開き、韓国側の主張に反論する.。

 韓国の映画や絵本は軍艦島を「地獄島」などと表現しているが、元島民は「朝鮮人労働者は運命共同体だった。差別して共同体を壊すことはなかったと伝えたい」と話している。

 またシンポジウムは、いわゆる徴用工に関し「朝鮮人を意図的に危険で劣悪な作業に配置したという通説は事実と異なる」と結論づけた論文を書いた韓国・落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究員も登壇し、「韓国の『強制徴用』の神話」と題して研究成果を説明する予定。

 慰安婦問題でも誤ったイメージが国連会合を通じて拡散した側面があり、国際歴史論戦研究所は戦時徴用に関し「国連に日本の正当性を主張する必要がある」としている。同研究所は、戦時中に朝鮮人への賃金上の差別はなく、朝鮮人徴用に不法性はなかったとする意見書を国連人権理に提出する準備も進めている。

こういう主張をもっと早くに丁寧にやってくるべきでした。
河野談話を出す前に。

朝日新聞は間違いを認めたけれど、国内のみで、海外発信はしていない。
韓国人は世界中で嘘、ねつ造を懇切丁寧にばらまいている。
ロビー活動の費用は莫大。

国連の担当職員もそこそこ懐が潤っていると言われています。

韓国の戦争を知らない世代が執拗に日本を貶めるのは間違った歴史を教え込まれているから。
それを改めさせるのは今後の日本の課題です。

岩屋防衛大臣が「レーダー照射問題を棚上げ」でにこやかに握手しているばあいではない。
日本国民は怒ってます。

"軍艦島元島民ら国連で史実発信へ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: