日産問題について

日産が経営不振でゴーン氏に頼ることになった原因は、労組が強すぎたことだと、パチンコ倒産応援ブログのTtensanさんが書かれていました。社員でありながら経営不振にまで追い込む労組って…。理解に苦しみますね。
mayflower さんコメントありがとうございます。

日産とゴーンさんについて書かれている本を読んでみました。

労組が窮地に追い込む発端だったのですね。
自動車総連会長○○の権力掌握で日産は荒地と化した。
「日産のプラハの春」と書かれています。

救世主としてやってきたルノーは日産の電気自動車、自動運転の技術がなんとしても欲しかった。
フランス政府が後押ししてゴーンがやってきたけど、彼がやったことは日産の不動産ほか売れるものはことごとく売却して黒字にした。

日産のV字回復はゴーンの手腕とは言いませんよね。
冷徹無比に売り払っただけ。

後はひたすら私的蓄財に精を出しただけ。
日産だけではなく、日本の技術流出防止には政府も手出し、口出ししてもいいような気がしています。

”日本ファースト”です。

"日産問題について"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: