日本の医療

 ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人はいないと、どの福祉関係の本にも書かれています。イギリス、アメリカ、オーストラリアについても同様。
医師は「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」と言います。

我が国のいわゆる老人病院には、一言も話せない、胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。

高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

 日本は高齢で口から食べられなくなったから胃ろう、点滴です。
ヨーロッパでは肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

終末期、口から食べられなくなったら、人工栄養も点滴もいらない。
一切の延命措置はしてもらいたくないと私は書面に残します。

こんな話を家庭内でしておくのも大切かと思います。





【送料無料】 「寝たきり老人」のいる国いない国 真の豊かさへの挑戦 / 大熊由紀子 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル語学・教育・辞書フォーマット単行本出版社ぶどう社発売日1990年09月ISBN97

楽天市場 by 【送料無料】 「寝たきり老人」のいる国いない国 真の豊かさへの挑戦 / 大熊由紀子 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"日本の医療"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: