殺人アメーバ

 こんなところにも温暖化の影響?  米CDC(疾病対策センター)は16日、通称「殺人アメーバ」に関する研究結果を報告。正式名称を「フォーラーネグレリア」と呼び、鼻腔からヒトの脳へ侵入して「原発性アメーバ性髄膜脳炎」を引き起こす。川や湖、水田などの温かい淡水に生息しているが、生息域が北上し、拡大傾向にあることが分かった。 感染すると、初めは風邪のような症状が表れる。次第に、味覚や聴覚の…

続きを読む