100年先にも残したい本

「死の淵を見た男」吉田昌郎と福島第一原発(門田隆将氏著)

2011年3月11日
未曾有の大地震によって起きた原発事故。
そこで不眠不休で復旧に力を尽くされた吉田所長以下東電の方々、自衛隊の方々、関係する会社の方々の努力があって今の日本がある。
ニュース映像で繰り返し見ていましたから、読みながら映像が浮かんできます。

吉田所長の死から1年もたたない2014年5月、朝に新聞は信じられないキャンペーンを。
作業員全員撤退したとか報道しましたね。
原発再稼働反対の材料として大々的にキャンペーン。

朝日新聞の思惑通り、海外メディアも日本人が逃げたと書きました。

後に朝日新聞の誤報と判明して社長の辞任と編集幹部の更迭。
記事の誤りを認め全面撤回。
朝日新聞は当事者に一度も取材もせずに書いたものでした。

問題の大きかった菅首相のことなど思い出しました。

当時働いていた方々、官邸、住民にも細かくインタビューして書かれています。
途中何度も涙が溢れて、よくぞ戦ってくださいましたと感謝でいっぱいです。

この本は100年、200年・・・もっと先まで日本の歴史として残してもらいたい原発の教科書です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント