レッドスター、米ポリマスター社製の腕時計型ガイガーカウンター「PM1208M」を国内販売

レッドスター、米ポリマスター社製の腕時計型ガイガーカウンター「PM1208M」を国内販売

レッドスター・グループの運営するガイガーカウンター専門店「GEIGER-JP」が、東京電力が採用する米ポリマスター社製の腕時計型ガイガーカウンター「PM1208M」を国内販売を開始

福島原発の事故で国民すべてが放射線の怖さを知るところとなりました。

ニュースで見たのですがレストランでガイガーカウンター(放射能測定器)を置いていてお客さまの求めに応じて、食材の放射線レベルを測定して見せているところがあると報じていました。
ずいぶん小型化して性能もアップして、腕時計型のものまであるのですね。
防水加工で水深100MまでOKだそうです。これ付けているだけで結構カッコイイです。

放射線測定器は事業所では特に必要ですね。
1年とか2年は常に監視が必要になってくるでしょう。
野菜も果物も、牧畜や漁業も測定して安心な物を市場にださなければなりません。
風評被害に負けないためにもこのガイガーカウンターが大いに役立ちます。

原発が怖いからとすぐには廃炉にすることはできません。
全国54基もあるんです。
フランスでは電力の80%近くが原子力によるものです。
100%安全な原子力はありえないわけで、全国どこで起きても不思議ではないのです。

もはや日本だけの問題ではありません。空も海も繋がっているのです。
中国の原発が事故を起こさないと言う補償はないのです。
ガイガーカウンターは必需品になりそうです。
ドリームニュース・ブログメディア参加記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック